注:このホームページはPC用に作成しました。スマホでご覧になる場合はスマホを横にしてご覧になったほうが見やすいかもしれません。


2019

                ▶️2018年日記



        今月の心に染みる音楽 You Don't Own Me - Grace


3/13


Netflix問題

詳細なところまでは分かりませんが、ちょこっと述べちゃいます。

Qetic(けてぃっく)の記事からの引用です。
「第91回アカデミー賞では、Netflix映画であるアルフォンソ・キュアロン監督作品『ROMA』が10部門でノミネートされ、3部門でオスカーを獲 得したことも話題となっており、NetflixやAmazonなどの動画配信サービス主導の映画は、もはやアメリカの映画業界で主流となりつつあることも 事実だ。これらがオスカーの候補から外されるということになると、今後の映画業界に何らかの影響があることは間違いないだろう。」
これが現在の映画業界の大雑把な実情と、変貌の兆しの姿といっていいです。

そこに映画界の大御所スティーブン・スピルバーグが、ネット配信の作品における扱いに苦言を呈してきたわけです。
彼は言います。「映画は映画館で観るべきもの」「ネット配信されたものをテレビやパソコンで観ても、それは映画を観ていることにはならない」
僕などは頻繁にテレビ(wowow)で映画を観てますが、スピルバーグによれば僕の観ているものは映画じゃないということになる。
それなら僕はいったい何を観てるんだい?と首をひねっちゃうわけです。
スピルバーグによれば、それは「テレビ映画」なんだというわけです。お前は映画じゃなく「テレビ映画」を観ているんだ、と。
だから彼は「ROMA」などNetflix映画はオスカーの対象作品ではなくエミー賞の対象作品にすべきだと言い出す。エミー賞というのはテレビドラマを 対象にした賞です。スピルバーグからすると「ROMA」などネット配信作品はすべてテレビドラマなんだということになる。どうでしょうか。
僕にはスピルバーグのこのような言い分は、掘り起こす箇所を間違えて、まるで地獄の釜底を掘り続けてしまった老人の発言にしか聞こえてきません。
利害が大きく影響してくるので企業家でもあるスピルバーグの立場はよく分かりますが、隣りの庭にケチをつけるなと思いますね。

Netflixなど映画のネット配信がこれほど猛威を振るっているということは、多くのユーザーがその鑑賞形式を選択しているということです。
誰かに強制されているわけじゃない、自分の意思で、自分の生活に見合った媒体のひとつとして選び、利用している。
映画をどの形式で鑑賞するかはその都度のユーザーたちの自由選択に属します。勝手におやりなさいの世界です。
映画のネット配信サービスを利用するのも選択肢のひとつ。
映画はやはり映画館で観るべきものと強く思っている人は映画館へ行けばよいだけの話です。
僕も本来は映画館で観たい派ですよ。でも年食って出不精になっちまって、なかな叶いません。なので映画鑑賞のほとんどはテレビ(wowow)で見てますが、抵抗感はまるでありません。まぎれもなく「映画」を観てるんだという気持ちで観てます。
電車の中でスマホで映画を観ている人もいるようです。僕なんかの世代にはその光景はさすが違和感がありますが、否定する理由はひとつもありません。

文明や科学の発達と変貌は人類にとって自然過程であり、これを引き止めることはできないです。善悪の問題じゃないし、倫理に属する問題じゃない。
なので、発達してしまった文明や科学を後戻りさせたり完全停止させることは基本的にはあり得ないと思ってます。
ストリーミング技術が映画の新しい鑑賞形態を可能にしてしまっています。これは未来に繋がっていく何かになっていくだろうと誰しもが実感しています。
スピルバーグも実感しているから立場上危機感を持ったのだろうなぁと推測します。「時代」に敏感な優れた監督なのでなおのことネット配信に脅威を感じたのでしょうね。
マーティン・スコセッシのように積極的に利用しちゃえばいいのにと思いますけどね。

Netflix問題の詳しい経過についてはAmebaのネット友ZELDAさんが言及しておられます。是非参考になさってください。
ZELDAさんのNetflix問題関連記事→「Netflixのバトルが始まった」 「あらあら解決?それとも水面下へ?Netflix問題」




3/12
Netflix(ネットフリックス)配信の映画
ちょっとした論議を巻き起こしている
Netflixです。一ヶ月近く無料で見放題できるというので野良犬のように食いまくり(観まくり)ました。
ネット配信なので、もちろん映画館ではなくテレビやパソコンにて鑑賞。
「
ちょっとした論議」については後日ちょこっと述べさせていただきます。

ここ数日に観た
Netflix配信映画

  
「ROMA」 (2018)Netflix配給。                       
          
2019年度アカデミー監督賞・アカデミー外国語映画賞            
ある時代、ある地域での「日常」を丁寧に切り取って 
見せてくれた、といった作品。
いい映画だとは思うが、作品賞を獲るだけの凄みは感じられなかった。
        


「麻薬王」(2018)韓国。Netflix配給。
ラストにおけるソン・ガンホの怪演はお見事 。僕には暗い舞踏を踊っているように見えた。      
       

「息子のしたこと」(2018)Netflix配給。ホセ・コロナド主演。渋いです^^
                                                                                                                                         
                           
「バード・ボックス」(2018) サンドラ・ブロック主演。                         
外の世界を見たら死にいたる。                                                                       
どうも「鳥」が大事な何かを指し示す暗喩になっているようだ。
作品の中で説明がない分だけ、ますます謎めいた暗喩のかたまりが肥大してせり出してくる。
ハラハラドキドキで面白かったが、基本構図は最後まで解かれないままで気持ち的に不完全燃焼で終わった。


「セレニティー:平穏の海」(2019)ハンガリー。Netflix配給。マシュー・マコノヒー主演。


「マウントハウゼンの写真家」(2018)スペイン  
   オーストリアのマウントハウゼン収容所はユダヤ人の他、反体制分子やソ連軍の捕虜などが収容されガス殺もされた。
   スペイン人捕虜の主人公は記録管理係(写真記録)。息を呑む展開。


   
「クロース:孤独のボディーガード」Netflix配給 主演は「ミレニアム」3部作でお馴染みのノオミ・ラパス。
 抜け難い不良性と冷酷さのなかにもチラリと愛情の花を咲かせる。やはりカッコ良いね。   
                                                                 


 
「ダンス・バトル」(2018)ノルウェー映画
  タイトルが気になって観た映画^^;
モダンダンスを学んでいた主人公の女の子が「これは私が望んでいる世界じゃない」と啖呵を吐いて稽古場から去っていって、
ヒップホップにのめり込んでいく。それを大真面目に描いているもんだから、可笑しかった(笑)。有り得ることなんだけどね。



「キャロル」(2015)主演がお気に入りの女優ケイト・ブランシェット。
 先天的なレズビアンではないように思える女性同士の愛の物語。ちょっと退屈でしたね。
 監督が
女優ケイト・ブランシェットを絵画化して扱っている分、彼女の存在感が後退してしまっている。
 これではアカデミー主演女優賞は取れない。すべて監督の責任である(笑)


「ウォーク。ライド。ロデオ」(2019)
Netflix配給 
車の事故による脊髄損傷からの大復活劇。実話だそうです。お馬さん(競馬)が好きなので総じて馬関連の映画には目がない。



3/5


自分が崩される面白み

踊る際の動作の緩慢さというか癖というか、もともと持っている古めいたリズム感(音感)の傾向も影響して、自分ではとても狭い可動域の中で踊っている気がします。
踊りにおいても即興ってやつがあるでしょ。僕なんか家でこっそり踊ってみたりするんですよ。でも即興だと欠陥がまるごと露呈されちゃいます。下手くそなので同じような動作パターン と古びたリズムどりを繰り返しているだけなんです。未熟さゆえの動きの狭さがバレバレになってしまう。
ただですね、なんの制限もなく好き勝手に自在に踊れるので、 困ったことに気持ちはいいものなんです。好きな音楽を鳴らして踊るのでホロ酔い気分になっちゃいます。何処までも永遠に踊っていられる気になります (笑)。
しかしながら、これは自己陶酔の世界でして、外から見たら、見ちゃいられねぇということになっちゃいます。あの爺、とうとう頭にきやがったと思わ れるだけで、救急車を呼ばれかねない。

踊りにおける動きの可動域がきわめて狭いのは技術的な未熟さからきてるので、ダンス技術の習得は最低限必須なのですが。。

ところでジムのダンス教室では振り付けされているダンスメニューが多いです。
僕は振り付けを覚えるのに若い人に比べ10倍は遅く、いつも心が折れて、うな だれながら帰ってきます。

ところが一方でこの振り付けというやつに面白みも感じてはじめてます。
この面白さはいったい何なんだと考えまするに、たぶん自分 の踊りにおける狭い可動域が激しく「異化」されることからやってくる面白さだと思います。
踊る際に露呈されてくる動きの偏向(癖)とか
古めいた僕のリ ズム感が、隅々まで張り巡らされた振り付けによって崩されているんだと思います。
これにはちょっと不思議な感覚が伴ってきて、大げさに言えば、いままでの自分の存 在を壊されているようで戸惑いと違和感の連続なのだけど、崩される面白みもあるんですね。べつに自虐(マゾ)じゃないですぜ。狭くて硬い自分の可動域の壁 に風穴が開いて通気孔が出来つつあるといった感覚です。そこから新しい風が吹き込んでくる感じでちょっとした開放感になりえているんです。

以前は、振り付 けを施されることに違和感しか持てなかったのですが、ダンス歴3年半目にして、依然として呪いたくなるほど振り付けは覚えられないですが、少しだけ振り付 けと格闘する面白さが感じとれるようになってきました。


通常、年取って自分が崩されるのは抵抗があるもんですが、僕はけっこう面白がってます。

なにしろ老齢なもので、あと何年踊れるのかなぁとどうしても考えちゃいますね。ヒップホップが主ですからなおさらです。
今回、約一ヶ月風邪で体調を崩しほとんど寝込んでました。こういうとき「もう踊れないのかなぁ」と枕にひたいを擦り付けてましたね(笑)。
やはり体力と気力は比例しているようです。おかげさまで体調はすっかり回復しました。
あとは、もう、踊りまくるだけです^^;




元旦

賀状
 ←クイック願います(注:音楽が鳴ります)


  今年も宜しくお願い申し上げます 


 ã€€                  振り返るな 振り返るな

                         後ろには夢がない







過去の日記


2018  映画「スリー・ビルボード」雑感、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック雑感など

2017 『鬼束ちひろ コンサートツアー2017「シンドローム」』雑感、小説『騎士団長殺し』雑感 など 

2016 3ヶ月間のダンス禁止令、BOB DYLAN 東京公演、『ひとりの体で』(ジョン・アーヴィング)雑感など 

2015 暗黒舞踏はまさにヒップホップダンス、ひとつの死、映画『百円の恋』など

2014 佐藤泰志の小説、映画『そこのみにて光輝く』雑感、ソチ・オリンピック雑感 など

2013 ジョン・アーヴィング『あの川のほとりで』など  

2012  忌野清志郎「喩の声」、ロンドンオリンピック

2011 東日本大地震など

2010 シモーヌ・ヴェイユについてのメモ  村上春樹『1Q84 』など

2009(その1) 村上春樹エルサレム賞受賞にまつわるもの、「吉本隆明 語る~沈黙から芸術まで~」感想など

2009(その2) 川村美術館の「ロスコ・ルーム」、「哀しきJogging day 」など 

2008   女の闘い~2008年天皇賞秋~、阿部定「予審調書」・感想スケッチ 、忌野清志郎 完全復活祭など

2007(その1) 東京マラソンなど

2007(その2) ã€€ã€Žãƒ–コウスキー:オールドパンク』など

2006 「藤田嗣治展生誕120年パリを魅了した異邦人」展

2005(その1) 湘南オープンウォータースイミング2005

2005(その2) 「木川田源一さんとの交信」