映画『赤ひげ』雑感〜その2

            映画『赤ひげ』雑感〜その1】


『赤ひげ』 1965年度東宝作品 185分  監督 黒澤明  


今回も紙芝居風で参ります。ネタバレ全開です。

映画のスチール写真をたくさん拝借してのものなので、 「お前、人の褌(ふんどし)で相撲をとってるだけじゃねーか」とお思いになる御方もいらっしゃるでしょう。僕自身もそう思います。けれど僕の雑文よりも、 本作品のスチールをたくさん見てもらって、そこから多少なりとも黒澤作品の持つ映画史屈指の重厚感やダイナミズムを感じとってくれて、暇つぶしにDVDでも借りて観て みるかという気持ちになって頂けたら、僕としては「しめたもの」と申しますか(笑)、この拙い「雑感」の目的は遂げられるということに相成るのです。どうか、ご寛容のほどを。


◆佐八とおなかの悲恋物語

車大工の佐八(山崎努)は胸を病んで養生所に長いこと入所している。人の目を盗んでは養生所の敷地内で車を治し、金に替えて、他の病人たちに与えている。善意の塊りだけでできた仏みたいな男だ。その佐八が血を吐いて危篤状態になる。
佐八は自分の住処である長屋で死にたいと赤ひげに申し出て、長屋へ運んでもらう。長屋の連中を自分の病床に呼び寄せ、語り始めたのが「おなかとの物語」だった。



当初、
おなか役が、なかなか見つからない。
黒澤にとって
おなか役の絶対条件は「赤ん坊を背中におぶって似合う若い女優」であった。若い女優さんで赤ん坊を背中におぶって似合う人って意外にも昔から稀少な存在だったようだ。現在だと、さらに見つけ出すのが困難なような気がする。
さんざん探し回ったあげく他社の映画会社である松竹所属の桑野みゆきが抜擢された。当時、23歳であった。
彼女なら赤ん坊を背にしても似合うと黒澤は確信した。確かにお若いながらも生活感がしっかり身についた女優さんであった。

 ←桑野みゆき
   
以後、佐八が病床で語る回想で映画は続いていく。
佐八とおなか最初に出会う大雪の日。おなか佐八に番傘を貸してやる。わずか数秒のシーンだが、雪つぶての乱舞がなにしろ見事。モノクロ画像の濃淡がより眩しく美しく、スクリーン全体が雪の花で満たされ踊っているようであった。屋根の雪は塩、地面の雪は細かくした白竜石を敷きつめ、降ってくる雪には発泡スチロールと食材のフを粉にしたものを大量に使い、大型扇風機で左右から風を送って舞いらせたという。



二人は幾度かの逢瀬を繰り返す仲になり、佐八はおれの女房になってくれと申し出るが、おなかは家の借金で自分の体は自由にならないと言って躊躇(ためら)う。結局、佐八の一本気な熱意に負けて一緒になり、夢のような幸せの日々が続いた。が、そんなとき江戸を大地震が襲う。
おなかの姿が突如消えた。
佐八は倒壊した瓦礫の下を掘り起こしたりして必死になって探すが見つからない。死んだのだと諦めるほかなかった。



ところが・・・数年経って、佐八が浅草・ほおずき市をぶらぶら歩いていたら・・・なんと!




死んだと思い込んでいたおなかにばったり出会う。しかも、おなかの背中には赤ん坊が・・・。少なくとも佐八の子ではない赤ん坊が背に・・・。一瞬、時が止まり、やがて突風に吹かれた数知れぬ風鈴がいっせいに鳴り出す。耳をつんざく激しい風鈴の音が、佐八とおなかの体へ容赦なく降りかかる。(↑写真上方で並んで揺らいでいるのが鈴の下についている短冊。)二人の心理が風鈴の群れの音と共に揺れる。見事な風鈴効果だった。風鈴の素材は南部鉄。澄みきった音、なおかつ余韻の長い音を奏でる風鈴を小田原の風鈴づくりの名人に依頼して作らせたという。

   浅草・浅草寺の大屋根を想定した大掛かりなセット
           ↓


ほおずき市の喧噪から離れて浅草寺裏の坂路を歩く二人。赤ん坊の泣き声と佐八が片手にぶら下げている風鈴の音だけが二人を包む。



黒澤が「赤ん坊を背負っても似合う女優」にこだわった理由が、このシーンでますます明らかになる。
失踪した女房の背中にはやはり他の男の間でできた赤ん坊が背負わされていなければならない。さらにその姿には匂うような濃厚な生活感が漂ってなければならない。佐八の付け入る隙のない、全く窺い知れぬ別の世界から発臭してくる濃厚な生活感が。これを可能にするには赤ん坊をおんぶした女の姿見に一点の曇りがあってはいけない。要するに、似合ってなきゃいけない(笑)
佐八の目の前で、腹をすかして泣く赤ん坊に乳を飲ませるおなか男にとってこれ以上の残酷な光景はない。


呆然とその場を立ち去るしかない
佐八。背後で深々と頭を下げるおなか。
依然として聞こえるのは、赤ん坊の泣き声と、ひとつの風鈴の寂しげな音だけ。


再会した日から少し経って、おなかが
佐八の長屋に訪ねてきた。どうして自分が失踪したのかを話し始める。



おなか「実はあなた(
佐八)と会う前に、わたしの家族の面倒をみてくれていた許婚(いいなずけ)がい ました。わたしは好きでも嫌いでもなかったけれど、親兄弟の生活を賄ってくれていて恩義もあったので、その人と一緒になりました。そんな ときに貴方に逢ってしまったんです。苦しみました。けれど私は心を決めました。家に貢いでくれたその人への恩義は恩義、それはいくらでも返せるものだと 思ったら自分でも怖いぐらいに強くなって、親にぶたれても泣きつかれても強情を通して貴方と一緒になることを決めたんです」

佐八「そういうお前が・・・どうして・・・」

おなか「貴方との暮らしが幸せ過ぎました。幸せすぎて怖い くらいでした。わたしのようなものがこんなに幸せでいいはずがない。このままではいつか罰が当たる。そう思ってはいつもオドオドしていました。そして、あの地震です・・」

ここから大地震あとの廃墟を彷徨うおなかの姿が挿入される。



やっぱり、そうだった。これが罰なんだ。わたしは人の一生分の幸せを過ごした。この地震が、区切りをつけろ、というお告げなんだ。うちの人もこの地震で死んだと思うに違いない。ケリをつける時期がきたのだ。」

おなかの背後には太陽。その太陽の光を遮る猛烈な黒煙。大量の古タイヤをガソリンで燃やして発生させた黒煙だという。
壮絶な絵柄でありました。黒煙で見え隠れする太陽。髪を乱し腑抜けになって廃墟をさまよう桑野みゆきも美しい。ここでも望遠レンズで遠くから狙ったカメラ効果が絶倫。その迫力に圧倒される。




告白したあと、おなかは、佐八に気づかれないよう傍にあった道具箱から短刀を取り出し、刃を自分の体に向けて、
「でも、ここにいる私はほんとうの私よ・・・抱いて・・・もっと強く抱いて」と叫ぶ。強く抱き寄せる
佐八。
おなかの悲鳴。おなかの胸に突き刺さった短刀に気づき急いで短刀を抜き取る佐八。
「放さないで・・・私を放さないで」と言いながら、ガクッと仰向けに崩れて絶命するおなか。

死の床でおなかとの悲恋を話し終えた
佐八は両腕を宙にのばし
「おなか・・・きれいだよ」と言って
絶命する。


映画『赤ひげ』の上映時間は3時間を超えてます。観ていてさすが長過ぎるなと思ってしまう。
この作品は「狂女」「おくにの告白」「佐八とおなかの悲恋物語」「おとよと長次の物語」の4本柱で成り立ってるが、
たぶん長過ぎるなと思わせるのは「佐八とおなかの悲恋物語」を挿入したせいじゃないかという気がします。他の監督ならこの挿話はカットして上映時間をもっと短縮させていたかもしれません
ただ、黒澤の映像美学が最も発揮されていたのが
佐八とおなかの悲恋物語」においてでありました。「絵画」を見せられているような映像美が走馬灯のように次々と流れ出てきます。ある意味、「退屈さ」も同居していると言わざる得なく、扱い(評価)を微妙に複雑にさせている「佐八とおなかの悲恋物語」でありました。


後日、 映画『赤ひげ』雑感〜その3をアップ致します
いよいよ待望の二木てるみ(おとよ役)の登場であります(笑)