椿三十郎 (1962年・昭和37年)


監督:黒澤明
脚本:黒澤明/小国英雄/菊島隆三
音楽:佐藤勝
撮影:小泉福造/斎藤孝雄


前作『用心棒』が空前の大ヒットを飛ばし、東宝はすかさず黒澤に「三十郎」を主人公にした作品をもう一本とつくってくれと依頼する。『椿三十郎』はその「三十郎」モノの第2弾。
薄汚れた風体、乱暴な口の利き方、繊細さの欠けた無骨者、なれど刀はスーパーレベルの凄腕。素浪人・三十郎のキャラは『用心棒』の時と全く同じだが、舞台 は前作の田舎宿場から侍社会へと移される。三十郎の周囲に登場するのは心も体も幕藩体制に組み込まれた侍たちばかり。なので、ますます三十郎の侍社会から のアウトローぶり、傍若無人ぶりが浮き立つことになる。



ある晩、一宿だけのねぐらにしていた小さな社(やしろ)で三十郎は、そこへ密談するために集まってきた藩下の若侍たちと知り合う。この若者たち、体 制改革への意識は旺盛だが、どれもこれも世間知らずでお人好しばかり。次席家老の汚職を摘発するため立ち上がろうとしているのだが、見ていて実に危なっか しい。そこで見かねた三十郎が彼らの助っ人になって侍社会の悪と闘うというストーリー。

ま、詳しいあらすじは関係サイトで見て頂くとして、ここではあくまで僕の思い出深い俳優たちや名場面について落書きさせてもらいますです。

 

まずは、入江たか子(笑)
お若い方はご存じない女優さんかもしれない。なにしろ遥か昔の無声映画時代における花形スター。ちなみに、いくら歳喰ってる僕でもその頃にはまだぜんぜん生まれてなかったすよ(^^;)
『 滝の白糸』(1933年 溝口健二監督)などがその当時の代表作になるのかなぁ。なにしろ「銀幕の女王」と呼ばれた無声映画の大女優だった。しかもお公家さんの出身で貴族の気品を 自然と身につけた珍しい女優さんだったらしい。ところが日本に音付きの映画(トーキー映画)が上陸し普及した辺りから、彼女の声質の問題(ガラガラ声?) があってか、女優としての人気が落ちてくる。そこから長い停滞期を経たあと、1950年代になってから、なんと!化け猫女優として復活してくる。これが彼 女の当たり役になる。僕ら団塊世代には入江たか子=化け猫女優のイメージしかなかったです。で、1955年に知る人ぞ知る『楊貴妃』降板事件ってものが あった。これがまた可哀相な話で、入江たか子が監督である溝口健二に演出をつけてもらってるとき、溝口が入江にとんでもない暴言を吐いたのだ。「そーゆー 演技をしてるから化け猫映画にしか出られないんだよ」。この侮辱的な言葉を受けて入江は『楊貴妃』から降板しちまい、その後女優業から遠ざかることにな る。銀座のバーのマダムになったりします。そんな入江をひさしぶりに女優として使ったのが黒澤明だった。この『椿三十郎』で、なくてはならない重要な役柄 を彼女に与えます。

なんだか、入江たか子のコーナーで終わりそうなぐらい長々と書いちまったけど(^^;)ようするに、黒澤がそんな彼女を 呼び戻してまでこの役柄を与えたのは、この役柄で必要な、貴族訛りの口調と気品が柔らかに光っているような個性を持つ女優は、けっきょくは彼女しかいない と芯から思えたからだろう。


『椿三十郎』で入江たか子扮する家老の奥方が荒々しい三十郎を諭すセリフがある。
「あなたは少しギラギラし過ぎてますね。鞘(さや)に入っていない抜き身みたいに。でも本当にいい刀はちゃんと鞘に入ってるものですよ」
三十郎の男臭さと血なまぐさい殺陣がこの映画のひとつのトーンになっているなかで、それとは違った、穏やかで柔らかな空気を送り込んでくるもう一方の重要 なトーンをおもに入江たか子が荷なっていた。上のセリフを彼女は、嫌味の欠片も感じさせない、まるで柔らかな優しい光で包み込むように発している。

 

 

「黒澤時代劇の功罪?」で触れたように黒澤の『用心棒』と『椿三十郎』の爆発的ヒットを機に日本の時代劇は根本的な模様替えを強いられた。絵空事のチャンバラ劇から人間の汗や血をまで克明に描くリアリズム時代劇へ。
『用心棒』と『椿三十郎』の何がそれほどまでに当時の観客たちを魅了したのか。ひとつに殺陣の迫力感があったのは確かだ。それまでの舞踊のような刀の立ち 回り(東映チャンバラ映画)に慣れ親しんでいた観客たちは、三船敏郎の渾身の気合いを込めた刀の一振り一振り、殺気溢れるその立ち回りに息をのんだ。チャ ンバラ殺陣の真の醍醐味をここで初めて味わったと言える。


なかでも『椿三十郎』のラストで

三船敏郎( 椿三十郎)と 仲代達矢(室戸半兵衛)が演じた壮絶な決闘シーン

時代劇の歴史を変えたひとつの事件でもあった。それほどまでに観る者の度肝を抜いた。


三十郎の最大の宿敵・室戸半兵衛。汚職の黒幕である悪家老の家来。
最初は三十郎の凄腕に惚れ、男の友情らしき感情を持つ。三十郎のほうは室戸のそんな心情を利用して敵方の動向を探る。けれど最後に三十郎の正体を知る室戸。裏切られた想い。当然憎しみに火がつく。
こうして二人はラストの壮絶な決闘へとなだれ込んで行く。『用心棒』のときの仲代達矢は、鯔背(いなせ)な男前の悪だったが、この『椿三十郎』では虎のよ うな牙と鋭い眼光を持つ悪侍。ハマり役だった。この重厚な存在感が三船との決闘をより迫力あるものにした。 

 

映画史上に残る衝撃的な決闘シーン


この至近距離で両者が立つ。この姿勢のまま30秒以上微動だにしなかった。
向こうで見ているのが加山雄三(中央)初め若侍たち。彼らも不動のまま。
初めて観たとき、あまりにも長い間役者たちが動かないので、僕は映写機が壊れたんじゃないかと思った。
ただ、よく見てみると白い虫が飛んできたり、加山雄三の袴の裾が風で揺らいでいたりで、
やはりフィルムは動いていたのだ 。

 

そして、つぎの瞬間・・・・

 

さて、何が起こったでしょう?(笑)

ここはさすがネタを明かすわけにはいかない。まだ観ていない御方もおられるでしょうし、
今、この場面の内容を知ったら、あるいは写真を見たら、
初めて観るときの感動(衝撃)の大方がここで消えることになる。


↑決闘の凄まじさを物語る見守っていた若侍たちの驚愕した表情

 

でも、どうしてもその瞬間を写真で見たい!と我が儘云う御方もおられると思いますので、しかたがない(笑)

そーゆー御方はこれを自己責任でクイックして下さい。

別窓で写真が開きます(裏話も少し書き加えました)

だけど、僕は見ないほうがいいと思うです。

と言われれば、なおさら見たくなるのが人間のサガというもの?(^^)

 

 

脇役たち

 

小林桂樹
敵方の侍で三十郎たちに拉致される。しかし家老の奥方(入江たか子)の人柄に引かれ
協力するようになる。いつも押入れに閉じ込められているが、時より「失礼します」と言って
押入れから出てきて、みんなに助言をする。言い終わったら「失礼しました」と自分からまた押入れに入っていく。

 

汚職の黒幕たち

藤原釜足(写真中央)

志村喬(右)

清水将夫(左)

 

 

伊藤雄之助
誘拐されて三十郎たちに助けられる家老。
「わしが馬に乗ってたとき、こんなこと言った奴がいたよ。
馬に乗ってる人より、馬のほうが丸顔 」(同セリフ)

 

加山雄三
黒澤映画にはこの『椿三十郎』と三年後(1965年)の『赤ひげ』に出ている。
同じ頃、同じ東宝の映画「若大将シリーズ」で活躍していた。

田中邦衛
「若大将シリーズ」の青大将役で活躍していたので加山雄三と一緒に使われたのかな。
しっかし若いよなぁー。「北の国から」のオッチャンだもんねー。

 

団令子

当時の東宝のアイドル女優。可愛かったです♪

 

「椿三十郎」作品評価  ベスト

 

次回は『野良犬』を予定してます。僕のなかではこれがベストワンです♪

                2008年5月6日 記

Back