Top

 

      

 




鳥たらしめている謎

 

シダの葉にまとわりつく温情から
かくじつに枯れ果てていく
水鳥のみずのゆくえ
水際で泣いていた 木の記憶 
ひれ伏した渇いたのどを
暗い河のように蟻たちの隊列が通りすぎていく

〈世界はもうじき終わりだから
負性はすべからく支払ったほうがよい〉
という呟きをつらねて
数珠つなぎになって空の青みをたずねていった

 

「暗いことばかりがつづいて あの子は
忘れかけていた空を 気が狂ったように
日夜 引っ掻いてばかりおりました」
鳥を鳥たらしめている謎へ
死んだ母鳥の羽がそっと舞い降りてくる

『あの日 あの雲間に美しい茜色の・・・・』

木の枝にぶらさがった翼
海へ墜ちた翼
『茜さす雲間に 幾千の翼がみごとに散った』
とだけ記述した 空のはかりごと

わけのわからない情景のうらがわで
不意に名札をつけられた燃え鴉が
白い棺となって帰ってきた
これが親鳥たちが懸命に支払いつづけた果ての
世界からのおつりだった

これから
おまえの馴染みすぎた不具は何処へいく?
孤独の頬をかざしてくれる窓明かりもなく
裸形となって立ちつくしたまま
翼に血がしたたるごとに
一皮づつ剥がれていく無意識のひだめ
おまえは なんとしても
からみついてとれない毒を
世界の重さと
同じ重さであつかいたかったのだ


ならば闇また闇をのみこんで
ぼろぼろになるまで羽搏けよ
死んだ親鳥が奇しくも墜ちた
あの雲と雲との間にたちあらわれる
死の凱旋門をつきぬけるまでに

自虐的なその飛翔のしかたをどこで覚えた
と駆け寄ってくる 鳥の教師

屍をいくら累乗させても
この構図を打ち破るにはあまりにも美しすぎる
と せせら笑う 空の門番たち

それはおまえが負うべき毒ではないのに
嗚呼 悲しき実現よ
と詠唱する 森のシンガーソングライター

 

剥ぎ落ちた翼  死に絶えた翼

ならば さらに剥ぎ落ちるかぎりを尽くせ
虚妄の翼に

無限の拍に打たれつつ
静かに移動を遂げる内心のきわみ

最後の幻が凝結していく場所へ

 

 

 

 

 

 *

 

人質女の眉間に当てられたあいくちが
のこされたさいごの世界への通路

追いつめられて 獣は
目の前で銃口をこちらに向ける正義感あふれる若い警察官に
言葉をかけようとしたのだ

「こんな俺でも希望はあったのかな?」と尋ねようと
まるで神の啓示を授かるみたいに左手を差し出そうとした

むろん若い警察官は神じゃなかった

獣の不可解な指先の動きは凡庸な警察官の凡庸な恐怖心を刺激したにすぎない
その瞬間 獣の脳天は凡庸な銃口によって打砕かれた

 

つぎの朝 獣の母親がカメラの前で言った

あの子は、からだにしみついた暗さをすっかり洗い落とせる
湖水のほとりを駆け抜けていきたかった  ただそれだけなのでございます

 

 *

 

夢をみた


開けずの扉があった
開けずにいることが ふたりの存続にとって最良のようにおもえた
けれど背後にはつねに魂が崩れてゆく音が聴こえていた
そのままでは滅びるので ふたりは
ある日 渾身の力でその扉を剥がしにかかった・・・

遠い記憶が木の葉になって舞い降りてきた午後
空の青みが貌をのぞかせ 暗雲がそれをまた閉じたりと
なんとも気まぐれな秋の空を見上げ
僕は さて と考える
さて 最初に踏み出すのは どちらにしようか
右足からにしようか 左足からにしようか

公園の真ん中で一人 蛸のように両足を絡ませ同じ位置で地団太踏んでると
女子高校生たちがくすくす笑いながら通りすぎていく
「へんてこな恰好だけど、これでも踊りの練習をしてるんだよ。
体が縮まって、青空を飛んでいくような踊りがどうしてもできないんだ」
僕は 滑稽さのうらがわにはえてして哀しい事情があることを説明したかったが 
女子高校生たちの姿はとっくに消えていた

僕はふたたび空を見上げ 踊ることに集中しようとした 
そのとき 公園の敷地内をぐるりと包囲している木立ちの下から 
か細いけれど硬い糸のような芯のある声が鋭く飛んできた
「どちらかの足を踏み出さないと永遠に踊ることなんかできないですよ」
木陰のベンチでごろ寝しているホームレスの男だった

のっぺらした能面のような表情のない顔をしていて黒い口髭だけが生きものみたいに蠢いていた 
ホームレスは寝転んだ姿勢のまま 小動物のように顔だけをこちらに伸ばして言った
「きっかけを与えてやればいいのです。あとは体がぜんぶ引き受けてくれます。勝手に誘導してくれます。
どんなに強引な方法でもかまわない。まずはどちらかの足を前に出すことです」
僕は頷きながらも 心が男の顔へと激しく吸い込まれていることに戸惑った
遠い昔 どこかで接していたような しかもかなり親しく とても身近にいた顔におもえた
けれどそれが誰なのかどうしても思い出せない 
記憶の糸は硬く絡まったまま 記憶の奥にあるわずかな情景さえ映し出すことを拒んだ
僕は男が何者なのか思い出すのを諦めて「ご親切に有り難うございます」と かろうじての声を絞りだした

僕はとりあえず眼をつむって突っ立ったまま体を前へ投げ出してみることにした。
そうすれば少なくともどちらかの足が慌てて体を支えにいくに違いない
最初の一歩さえ踏み出せばあとはなんとかなる
なにやら近親の匂いが漂うホームレスは「うまくいくことを祈ってるよ」と言い放ち 
胸元で組んだ両腕の中に深く顔をもぐらせ眠り始めた。
僕は眼をつむり立ったまま自分の体を前方の闇のなかへ
ゆっくりと投身させていった
 

けれど いつまでたっても どちらかの足が前に踏み出した感触はやってこなかった
僕の体は棒切れとなって 底なしの暗闇のなかへどこまでも倒れていくばかり
永遠のように終わろうとしない一瞬の えたいのしれない渦の中へ
秋の気まぐれさも 開けずの扉も なにもかもが僕と一緒に堕ちていった
ベンチで寝ていたホームレスの男も上から堕ちてきた 
落下しながら困ったなという顔をしていた
その表情の独特の歪みぐあいに えも知れぬ懐かしさが走った 
僕は男が誰であるかをはっきりと認識した
僕は手を差し伸べ その男の名前を嵐のように叫んだ



そこで夢からさめた。
目をあけると窓辺の白いカーテンがゆらゆらと風に揺らいでいた。
銀色の光沢を放ちながら揺らぐカーテンの隙間から なにかの気配を感じた
寝ぼけ眼を凝らしてよく見てみると

あの日が凍りついたまま こちらを覗いていた

いつものことだった
僕はかまわずその眼差しをそのまま背中に貼り付けて  
「今日も良い一日にしてやりますよ」と言って 床をでた

                                      (2007.10.23)

                                                                                                                        

 


水のなかの夢遊病者

リカバリーで水面を打つ音。水中で息を吐くごとに放たれる泡(あぶく)の音。
それらを泳ぎながら水のなかで聴いてると、おのれがまるごと魚に思えてくる。
世界は水だけでできていて、おのれは水の音と水の触感だけにつつまれ生きている、
こんな透明感のある錯覚を持つことなんて、煩悩に明け暮れしている僕にとって、とても稀なことだ。
だけど透き通った時間はそんなに長く続かない。
やはり煩悩の悪戯小僧たちがいつのまにか泳いでいる身体にまとわりついてくる。
たとえば、水の中で鼻と口から放出されていく息吹の泡たちを鼻先で眺めていると、不似合いな感傷がスルリと訪れてくる。
懐かしさの粒々、恋しさの粒々。
散らばっては消えてゆく自分の吐く息の白い泡どもが、あたかも、おのれの心から噴き出されたおのれ自身の心象ひとつひとつにも見えてくる。
ともすれば、死んだ者たちにさえ化身してつぎつぎに挨拶しにくることもある。「おや、こんばんわ」「まだ頑張ってるのかい」・・・
だから僕は、水の中では、たぶん、急に微笑んだり悲しんだり怒ったりという、とんでもなく不気味きわまる存在を無意識にくりかえしているにちがいない。
いってみれば、水のなかの夢遊病者。
しかし、しみじみ思う。この水のなかでの虚実乱れた奇怪なファンタジーに、これまでずいぶんと心は開放されてきたにちがいない。
水遊びに感謝せねばならない。

 

                               (2007/9/12)

 

***********************************

 


                         琥珀の朝にとけあう くつろいに 

                         つぶつぶに浮上してくる めらんこりぃ〜

                         そこで家人に気づかれぬよう 

                         そっと スプーンですくい 舌にのっけ

                         昨日からの 味の推移をたしかめてみる

                                                

                          不変ということが疑わしくなってきたのか 

                          不変と考えることが窮屈になってきたのか

 

                         ほんとうは 生命の残部をいかにキメるかが 

                         いちばん肝要なはずなのに

                         瞬時の喜怒哀楽に うつつをぬかし

                         永遠のつらなりをひとつも繋ぎとめようとしない

 

                          これで良いのか悪いのか

                       阿呆なわたしには 自分でもさっぱり分かりまへん
                           
                           


           
    


           晩夏の一日

 
       対岸で うごめく 蒼白き炎の舞踏
    
       萎縮と膨張をくりかえし
       
       やがて湖面の鏡に向かって 
       
       鬼のように 激しく屹立する
       
       
       それは《きみ》が標した最後の喩?
       
       と呟いて 夢から醒めた
       
       
       翌朝 幻がしきりに潜入してきそうな寺の境内に佇み
       
       獣を真似 耳をそばだて
                                

       ことばをめくり からだをめくり
       
       喩の実像に近づきたくって
       
       欄干からぶらさがった紐をまで手繰りよせた
       
       
       しかし ひたすら 輪郭はとけてゆき 
       
       節目をもてない画像のような言葉ばかりが
       
       溶岩みたいにながれてく
       
       
                《それ》に見合うだけの言葉はあるか 
                 
                 言葉など無益だという通俗にたいし   
                 
                 芯から拮抗しうる言葉はあるか
                 

       この頼りなさは 何?
       
       まるで《きみ》が他人みたいじゃないか
                           
       
       掌からこぼれおちる砂の中から 
       
      《きみ》の顔した札(ふだ)を探してく  おいらは つまらない男親
                           
       
       寺の林から聴こえる 秋の虫の合唱
       が耳をつんざく
       まるで《きみ》がおいらに届けた  喩の嵐

    
       半袖の腕に  懐かしい 
       
       冷気が走った
       

 
  
         
       
  



             雑記
  
             たとえば そのような風に見舞われたとき からだのなかのあれこれが 
             古びた瓦のように吹っ飛んでしまい やがて風が過ぎ去っても からだ
             そのものが なんだか朽ち果てた廃墟みたいに感じてきて 「いったい
             自分は何処にある?」と 思わず指先で自分らしきものを謎ってみたり 
             飛び散った心の欠片らしきものを からだの肉片を拾い集めるように 
             慈しんでみたり ややもすれば病理の範疇に収監されそうな 怪しげな
             精神の曲線を描きつつも まるで他人の明日のように全てに手ごたえが
             ない かといって しだいに閉塞してゆく精神の道ゆきを  これから
             生き恥さらすにもどこかで修正するほかなくて 泳いだり走ったり 
             筋肉のほうへ即物的に刺激を与えて息を吹き込もうとする それは似非
             補修に違いないのだが 病理からの「逸(そ)らし」としては確かに
             有効だった そんなわたしの足取りをみて 向こう岸にいる《きみ》が
             笑っている 《生きてくって哀しいねぇ 愚かだねぇ》 そうだよなぁ
             生きてくって哀しいよねぇ 愚かだよねぇ  しかし黄泉の住人になった
             《きみ》にとってすでに無縁なことだが 息吸って生きてくってことは
             怪しげな精神の運動を反復・媒介してきて  わずかな光を束ねていくこ
             となんだ 《きみ》を喪失したことは何をもってしても埋められない 
              埋められない明瞭さの延長線上にどのみちおのれの歩行がある 《きみ》
             の視線に指し貫かれた生き残されたものの歩行がある しかし たぶん
             これは そんなに暗い話じゃないのだよ  血つづきの一対の鳥が織りな
             す生と死の ありふれた融和と訣別の物語なのだよ 誰しもが生命の矛盾
   として 原初のころより 堪えてきた物語なのだよ

                                            (2005.9.6)

 


 

 * * *

 

                        言の葉が
                        ぱらりぱらり 内部から
                        剥げ落ちてく 


                        けれどこのような孤独は
                        われらの生きるうえでの与件に過ぎないのだし

                        一生のうち ひとに与えられる悲しみの総量は
                         たぶん みな等しく同じだから 
                        ことさら不幸ぶることもないのだし


                        けして過剰な意味を加えまい
                        なるがまま なせるがまま
                        きみの死と向きあう心へ 

                        静かに耳をよせていくほか
                        僕には
                        やることがない

                         

                           * * *




                    きみが生まれたとき触れた小さな手のぬくもり
                    32年経って 
                    すっかり大人になったその手を
                    きみはおいらに握りられたまま
                    逝った
                    まさか おいらが見送る側にまわるなんて
                    思ってもみなかったぜ

                    暗い森のような
                    海の底のような
                    いかなる言葉とも交差しない
                    無音のエアポケットのなか
                    悔しみだけが
                    廃屋の残骸のように 落ちていった
 

                                         (2005.4.6)

 

 

 * *

 

 

 

  扉のむこうに懐かしい気配が。。

 

肌身の感覚を逃さず放たれる
情感のつらなりと
そこから噴出する形而上の花々で
揺れる心象風景が
鮮やかに書きとめられる
 その手腕にかつて幾度も驚かされた

古びた心情のひな型に身をゆだねず
裸身のまま
こころの奥を探ろうとする
その姿勢の背後には
言葉にかかわる受難と
また悔恨の体験があったのだろう

その後リアルの乱層にまぎれ いったい
どんな闘いに身を晒していたのか

扉のこちらがわで
久しく触れえなかった懐かしい
言葉の温度
その粋な跳ねっぷりに
おもわず笑みがこぼれた

遠い国からの 韋駄天の風
まぁ 熱燗で一献 

いかが?

 

 

________ 夏の休日 ________  

 

 
透明な水面(みなも)を腹這いになって覗いてみると
空から降りてきた銀の舟が揺らいでいる
好奇な指はすぐさま捕らえにかかるが
触れた水の冷たさが心まで届いた

折りたたまれた記憶が
夏になると訪ねてくるのだった
持て成しに田舎から送られてきたスイカを食べてもらう
麒麟の首のように伸びてくる相手の手を目で追いながら
キャッチされようとするスイカに祈りを捧げる
どうか、甘くあってくれ

 

悔やんでばかりはいられない
だから 希望の燃えかすを
七輪で秋刀魚を焼くように団扇で煽いでる
すると近所の猫が狙いにくる
おまえねぇ、こいつだけは手渡せないのだよ
残りが少ないってことは何事においても厄介なのさ


見上げる空はどこまでも澄みきっていて
おいらにはちと まぶしすぎる
けれど ここは頑固に片意地張って
青年のふりして仰いでみせる

 

 

 


 ________  笠井叡・考 ________   

 


 聖と俗を激しくスパークさせる
  それは 肉体の詩


照明がつきその舞いが始まると
ぼくは不思議な乱気流の圏内へ突入した気分になる
時空を赤子のように抱擁し
手毬のように玩び
紙切れのように切り裂き離散させてみせる
その自在感に
太古から何故ヒトは踊る事を欲求してしまうのか
その理由をみる思いがする。
最奥から突き上げてくる内的なる熱情に 誰しも戸惑う体験がある
けれど あなたはためらわずに舞という形式を与える
それらは踊りつづけてきた蓄積が無意識に選びとる所作の数々だ

その見事な選択肢に圧倒されながら ぼくは
あなたの体に詰まっているものを

知りたくなる



  ________ 森へ ________    
 

             風にのって きみが
              訪ねてきたように思えたので
              ぼくは急いで窓まで駆け寄って 飛んできた風をちぎって食べてみた

                   (・・・・迷妄をこれでもかと消しゴムでけしていって
                        それでもなおかつ匍匐するざわめきをあなたは
                        真理と名づけたのです)

              それは遠い記憶の森の味で
              ぼくのからだはいつのまにやら 誘拐されちまい
              森の小路を歩いていた
              前方にはおどけて踊るきみがいて
              ながれてくる木漏れ日の光と影が
              きみのからだの上で

              走馬燈のように揺らいでいた
              
                    (・・・・そこにそうしてある欲求を回収しない愛の定義を
                         あなたは欺瞞と名づけたのです)  


             「いっぺん死なせて白紙にしてという旅のしかたが 嫌いだったよね」


              きみが言ったのか森から漏れてくる光が言ったのか
              判然としないまま
              ぼくはかまわず きみの微笑みに誘導されて
               
              森の謎へと歩いていった

 

 




 

 

 __________________________ ホークランドの入江  


                   入江のうちがわを
                   そっと ふちどっていくと
                   青の由来がみえてくる
                   水の「ね」は
                   根でも音でも値でも寝でもかまわないが
                   水の形状はそのつど
                   微妙にゆれている
                   そんな いくつかの迷妄がくりかえされ
                   たもたれている ホークランドの秩序

            崖っぷちには海をにらみ仁王立ちする
            三体の石像があって
            ひとつは異邦人のように彼方ばかりをみつめており
            ひとつは老婆のように思い出ばかり紐解いており
            もうひとつは官能的な偶発性を娼婦のように待ちあぐんでいる

                   石像たちの間ではいつだって
                  「存在」についての論議が盛んだが
 
                  それをよそに
                 「善」は海底へもぐりこんですっとんきょうな舞踏をはじめ
                 「悪」は岩場で蟹とたわむれだす
   
           奇異にまざりあった声が
           空に謎をつくり
           入江はまだ 青の由来を知らぬまま
           「水」はなおも 
           じしんの「にごり」をぬぐえぬまま
           たどりつくはずもない小舟を     
           いつまでも待っている



*********************************************************

 


忘れかけていた《かさぶた》が剥がれてきた・・・
剥がれたあとの穴から (たぶん  そんなに)
たぶんそんなに遠くない昔に可愛がっていた
夢のつぶてたちが
愉快な小人(こびと)の顔して
ゾロゾロ ぞろぞろ 転がりでてきた
 
「やあ、元気かい?」「あいかわずかい?」

あのとき
ぼくはどこまでもぼくであり
きみはどこまでもきみであるということが
いまさらの雨のように 額をうちつづけていた
雨が痛くって そのとき はじめて 
世界の構成が気になった
                              
暗い海ばかりみつめているのが絶望?  
煌く星屑に照らされるのが希望?
  そのことが 最後まで わからなかった
世界の謎は いまでも謎のまま
 
     愉快な小人たちはおにぎりを
希望にみたてておいしそうに食べているし
きみは夜に愛撫されるように深くカラダを沈ませ 

       生 キ ル コ ト ガ 悲 シ イ 
                          と云う

壁に耳を押しつけ  ぼくはありもしない
未知からのシグナルをしきりに聞きたがっていた 
     



___________ 魚の家族 ___________


ある日
官能的な水と水の間をくぐりぬけて
魚の子供が家へ持ち帰ったものに
ぎらつく眼球をさしむけてきた
父母や兄たちの暗い熱情
その辺のところへ
なにやら 
薄暗い糸でつながっている その辺のところへ 
はさみをいれる

すると
忘れたがっていた記録の波間から
古ぼけた小舟がゆらいでくる

「水のなかに水を索めてゆく泳法を真に修得するには
肩先がつねに未知なる岬へ向けて射しつらねていること」


恥のような明るみに曝される魚の家族
分断された孤独を
いったい何に喩えて歩んでいく?



 


__________ 無題 ___________

 


不可思議なモノクロームが踊る それはきみではなくすでにきみではない何か バーボンで喉を焼いて炎の痛みを知ろうとする 次の夜 手首のない命がゆらゆらとグラスの底に落ちていくのを見て 「希望なんだよ」と呟いてもみる 次の次の夜も アルバムの空白を 遠い海のように眺めていた そんな愚かを尻目に きみはきみの明日をめくっている ほら、外を見てごらん きみの恋人のゴールデンリトリバーが走っていく 密かに訪れてた未知からの暗号を口にくわえながら 漆黒の夜を走ってく


透明なイメージはもういらない 月の小舟も 湖水にゆらぐ森の静けさも ちっとも暗くない「闇」という自虐的な定型も いらない そんな身の削ぎかたは あらぬ叙情ですべてを隠蔽してしまうから ほんとうは 言葉は その先まで毒をそそぎたかった そこまで明日を殺さないと すべてはレトリックで終いじゃないか 貸衣装屋で借りてきたみたいなオブラートで包みこんで 言葉にどんな未知があると言うの きみは なんとしても からみついてとれない毒を 世界の重さと おなじ重さであつかいたかったはず・・・・ 


朽ちてゆく からだに ひらりと 銀の羽が舞い降りてくる まるで宇宙船みたいですねと 連れ添ってきた風が微笑み ぼくの脳髄は n次の方位へ ねじれてゆく 朽ちるものに悪戯をしてはいけないよと 指先で羽をつまんで 始末する場所をかんがえた ・・・愛スレバ傷ツケル いつだってそう みてごらん これがいままで手を下した犯罪のすべて・・・ 銀の羽はけれど そ知らぬ顔して唄っている まるで唄うことが超えることだと 思ってるみたいだ

 

掌より小鳥を飛ばすように 文字を飛ばすのはもうよしたまえ、と 空の番人が肩をたたく それはそんなに 美しいことじゃない 溺れかけているのは存在ではなく 存在が紡ぎだした言葉の喩 生身のからだはいつだってふてぶてしく かつ誠実です 「善」を想おうが 「悪」をためそうが そこにそうしてある自然を 一度だって拒みはしなかった けれども懐(ふところ)のなかで居直り続ける やくざな詩人は なおも空に向かって 小狼のように吠えている 口ごもる世界の喉仏に 一指でも触れられたなら 死んでもいい、と   
            

 

滑稽と云えば滑稽な光景かもしれない。じぶんが澱ませた池の中で一匹の魚が思案に暮れていた。再生のしかたや身の滅ぼし方? 青春から壮年にかけて。いくつもの夢を喰いちぎり失墜させ。黄昏時の橋上に佇みながら。遂に届きそうにない茜の夕陽を見つめている。傍らを子供たちが歓声張り上げ走り過ぎてゆく。・・塾にいくのか、お前たち。やめろ、やめろ。人生の定石なんて何処にもないのだから。親たちの心配腰が抜け落ちるほどに遊び狂え・・・。けれどガキどもの頬に焼き付いている夕陽は真っ赤に燃えていて、それはまるで、十数年前の俺じゃないか。

こんな橋の上で佇んでなんか・・・いられない

 

 

 


鳥が 

 

とびたった

傷を疼かせ 血のしたたる翼ひろげ

けれど微笑みながら
畳み込まれた空の青みを つきぬけていった

ひとつの誠意を示すために 烏合の沼に身を浸けていたのだった
やがて いくつかの好意が 届けられ
人並みの希望が うっすらと滲んだ虹のように 鳥の胸に架橋された
鳥は もしかして 鳥たる謎から解き放たれるかも知れぬと 思えた

しかし 街の好奇心はやっぱり知らんぷりしてくれない  
薄暗い路地裏で いくつかの猜疑と嘲笑の声が  
囁きはじめた
時は捻れだし 反転し
鳥は 鳥である謎の渦中へ ふたたび突き落とされた

それは 鳥が負うべき責ではなかったけれど
鳥は黙って その負荷を受け入れた
最後の誠意を支払うために・・・
          

         ワタシハ ワタシヲ 削除 スル

そして これからは

ひとへの誠意のためじゃなく
おのれ自身の真意のために

鳥は 眼を高くかかげ
空の蒼へと とびたっていった

鳥が空に消えゆく時 
ちいさな光が激しく閃いた
たぶんあれは 
幻の宝冠に飾られた大きな大きな水晶玉の

確信に満ちた光

 

 

 

 

 

 

〜 書くということ 〜

 

異種の言葉どうしをわざわざ組み合わせたり、現実と交わりそうもない虚構の渦で物語を満たしたり、どうしてヒトはそのような余分な営為をくりかえすようになったのだろう?
飯を食べ、人を愛し、子を産んで、育て、その他あふれるような現実をいっぱいに抱えて、死んでいく。それだけで充分なはずなのに、何故にヒトは「書く」という余分なことをしでかすのか? 
ヒトの心には、陽気な天使も踊っていれば、目を背けたくなる悪魔も息づいている。
翼を大きく広げる白鳥もいれば、物事の隙間を這いまわる子鼠も棲んでいる。
要するに、すべてが内部に詰まっているということだ。
たとえ聖人君子と思える善意の人でさえ、此の世に犯罪や狂気をもたらすような心の動態を一度は必ず心的に通過していると言っていい。
更にいえば、誰もが犯罪や狂気に加担しうる心の因子を抱えているということだ。つまりは、誰しもそんなに自慢できないぜ、ということになる。

しかし、このことはヒトの心の底で待機する「危なげな可能性」には違いないが、同時に、悪にも善にも、どんな場処にも自在に飛び交っていけるポジティブな、精神の可能性なんだとも言える。

言葉は言葉じしんの世界として屹立しようとする。
たぶんその場処は善悪の判別が無効な、自在性の世界だ。

その自在感と、そこで得られる開放感があるかぎり、ヒトは書くことをやめないだろう。

                 (2002/1日記より)