上村松園
明治8年(1875年)4月23日に 生まれ、昭和24年(1949年)8月27日に死す。







2010年9月26日
東京国立近代美術館に「上村松園展」を観に行った。

  

(↑「花がたみ」を製作中であるから大正4年頃か。松園40歳)

僕は日本画については特に疎いほうである。あまり熱心に観てこなかったと思う。
でも上村松園の絵にたいしては以前から不思議な引率力を感じていた。
何故なんだろうと思いながら今回彼女の絵を観て回ったが、理由のひとつとして、結局は髪の毛の「生え際の美学」なのじゃないか、と(笑)。画のなかの女性 の髪毛の生え際、うなじがなんとも美しいのである。水墨画のあの黒の霞んだ世界を思わせるぼんやりした黒髪のさまが美人画全体の質感と空気を凛とさせてい る。気品ともいえるしエロチックともいえる。もしかして僕は「うなじ」に弱いのかもしれない(汗)

それと、僕の個人的な好みは松園の中期(長男・松篁を生んだ後あたりから)の作品に集中してしまうのだが、この時期、画じたいに特有の「動き」がある。典 型的な画がふたつあって、どの作品だったか出品リストを眺めながら思い出しているのだが、間違ってたら御免なさいですが、「花見」と「人形つかい」だった と思う。いま、ネットで絵を確認したら間違いなかったす。この二作品、それぞれ体の向きや表情の違う数人の女性たちの姿を、絵画全体の構図のなかの一部狭 い空間のなかに押し込めるように描いている。いっけんとても窮屈そうな構図なのだが、その構図バランスがとても動的なのだ。

「花見」


「人形つかい」


たとえば「人形つかい」では、襖の向こうの奥座敷でおそらく人形芸が行なわれている。家の外から見た構図の絵なので人形芸の部分は襖の向こうで隠れて見え ない。半開きにされた襖のあたりで折り重なるように部屋の奥で行なわれているだろう人形芸を興味深げに眺めている女性たちや子供の姿だけが描かれている。 この空間構図は独自な「動き」をかもし出している。
江戸期の浮世絵を思い浮かべていただければ、この「動的」なニュアンスを感じとってもらえるかもしれない。歌麿や広重など上手い浮世絵師ほど描く人物に 「動き」がある。それと彼ら絵師たちは人物の動きと連動させるように周囲の風景などの「余白」を大胆に拡張して描く技法を身につけていた。大胆な余白描写 と人物の動きが絶妙にマッチングして、そのことによって中に描かれた人物の心の揺れまでがこちら側にぐらぐら伝わってくる。中期の松園の絵にも同じような 躍動を感じさせるものが多い。そこが好きな理由なのかとも思う。

松園自身、絵をはじめた頃から江戸期浮世絵の影響を受けていたのだろうから、当然浮世絵の持つ独自な空間構図の技法をも身につけていただろう。それにして も特に長男(のちの松篁)を生んだ後あたり(松園30歳ぐらいか)から20年間ぐらいは、まるで背後から絵の魔神に筆の運びを誘導されてでもいたかのよう に、描き出すものひとつひとつに神秘とも怪奇とも思える何とも言えない動きのさまを与えている。何かに憑かれていた時期。あるいは何らかの魔物を筆でしっ かり捉えていた時期。このあたりが松園の爛熟期だったという気がしてならない。ちなみに円熟期とされている晩年は絵職人としての円熟であり、しだいに構図 の「動き」も静まっていく。と同時に内部の「何か」も静まっていったように思える。このへんの評価は観る人の好みで変わってくるところだろうと思う。


  
  ↑「焔」(大正7年)               ↑ 「人生の花」(明治32年)

今回松園を観るにあたって松園の随筆集「青眉抄」「青眉抄その後」と宮尾登美子著の松園の伝記小説「序の舞」を読んでみた。「序の舞」のような小説はあま り読まないのだけど松園の来歴に興味があったので頑張って読んでみた。もちろん小説「序の舞」は虚構であり作り物だから松園の実像と落差があるのは当たり 前なのだが、おおかたの「事実」はそんなに狂いはないだろうと思いながら読んだ。ついでにこの小説や松園の生涯への評価もいくつか読ませてもらった。伝記 ものを読むといつも同じような感想を持つ。そのいくつかを少し。

たとえば、松園が若い頃、絵の元師匠と現師匠と二股をかけて男女の関係をもっていたことや、金銭のため一度だけ頼まれ数点の枕画(春画=交尾画)を描いた ことなどは、とりたてて驚くことでも眉間にシワを寄せ嫌悪することでも特異なことでもない。どんな天才画家でも生身のからだは俗世間に身をおき、そのなか で生きているのだから、世間の人々がたどる紆余曲折をその画家もまた似たように辿っているのは当たり前のことであるし、ましてや善悪の問題として取り出 し、騒ぎ立てることでもない。騒ぎ立てるほうがおかしいのだ。
また、自分の幼い子供に「二階のお母さん」と呼ばれるほど子供を放っておいて一日の大半を二階の画室に独り籠り絵を描いていたことなども、とりたて特異な ことじゃない。大体にして文学や芸術にたずさわることじたい、ひとつの「病い」であり「魔病」なのだから、通常じゃないのは当たり前のことで、松園だけ じゃなく芸術家や文学者の誰しもが、そのような通常じゃない光景のひとつやふたつは持っている。また、持っていなければいい作品など生まれようもない。
つまりは、松園だって生身の人間、抜き身の画家として生きたという当たり前のことなのだ。

いつのまにかダラダラ書いてしまった。きりがないので、これにて。
最後に、松園絵画の「うなじ」エロチズムに拍手(笑)



Tag